面接時にやってはいけないこととは?

自分の欠点を述べない

 とにかく企業は積極的で、仕事を盛り上げてくれる人材を欲しています。そのため仕事に関するスキルや経験もさることながら、転職希望者の人格にも注目します。それで面接時には自分が積極的で、尚且つこの企業に勤めたいという気持ちを熱く語ることに加えて自分の欠点について話すのをなるべく避けるようにします。

 中には「あなたの欠点を挙げてください」という質問をしてくる面接官もいます。そのような質問が面接官によってなされることがなければ、あえて自分の欠点やこれまでの失敗について語る必要はないでしょう。

誤解させる態度をとらない

 面接官に誤解を招くような態度はもちろん避けるべきです。緊張のあまりため息をついてしまうだけでも勘違いされてしまうことがあるために注意が必要です。また絶対に避けるべきことは面接官の話を遮ることです。面接中の姿勢についてしっかりと考慮する人は大勢います。しかし面接官とのやり取りの途中、どのタイミングで話したらよいのかに注目することは意外と見落としがちです。

 面接官の話を遮ることは特に失礼に値することではないかもしれません。しかし話を最後まで聞かない人という印象を与えてしまうことがあるので、話をしっかりと最後まで聞いてから返答するようにします。