ずうずうしいように思える質問もプラスに働くことがあります

面接時に積極的な印象を与える質問

 採用されたときに自分がどのようなポジションで働くことができるのかは誰もが気になることです。しかしこうした質問は採用、不採用に大きくかかわるのではないかと心配になり、面接時に行うことを避ける人もいます。しかし場合によってはこうした質問を行うことで面接官にこの企業に勤めたいという強い意思があることを示すことができます。

 それで会社の構造や将来自分はどのようなポジションで働けるのか、またキャリアの可能性などについて積極的に質問することができます。

気をつけるべきこと

 たとえ面接官が話しやすく、自分の質問について快く答えてくれる人であっても、質問のし過ぎはよくありません。積極性を示そうとがんばりすぎて質問をし過ぎると面接官に要求の多い人だという印象を残してしまい、逆効果が及んでしまうからです。また面接官のスケジュールを乱すことにもなりかねませんので、不必要に話し過ぎないようにしなければなりません。

 もちろんケースバイケースですが、この点で助けとなるのが準備とシュミレーションです。あらかじめ簡潔で分かりやすい質問をいくつか準備し、面接官が質問に答える時間を想定しながら練習を行えばそのような事態を避けることができるでしょう。